医療レーザー エステ脱毛 違い

MENU

医療レーザーとエステ脱毛の違い

医療レーザーとエステ脱毛の違いって、あるのでしょうか。
ここでは、その違いについて、お話していきたいと思います。

 

まず、違いがあるかないか、という点でいうと、ズバリ「違います」。
医療機関かそうでないかで、施術する内容が違うので、その効果などでも違いがあるのです。

 

医療機関であるクリニックでは、脱毛施術は、医師の監督下で行われます。
クリニックでは、医療機関でしか扱うことが出来ない機器を使った施術を受けることが出来ます。
ここ最近では、非医療機関でも安全性の高いレーザーを導入することで、安心してレーザー脱毛の施術が受けられるサロンもあります。
ですが、「レーザー脱毛」というものは、基本的には医療機関以外での施術をすることは出来ません。

 

エステ
(フラッシュ脱毛/光脱毛)
料金は比較的低価格ではあるものの、脱毛後でも再度ムダ毛が生えてくる可能性がある。
手軽で、医療機関と提携しているサロンや、医療機関のサポートを受けられるサロンも多くある。

 

医療クリニック
(レーザー脱毛)
料金は高いものが多いが、脱毛後に再度ムダ毛が生えてくることは殆どない。
手軽さには欠けるものの、医師の監督の下で施術が行われる。

 

エステ脱毛とクリニック脱毛の違い(脱毛効果)

医療機関でしか扱うことの出来ない脱毛機器は、効果が強いので、完璧に脱毛を済ませたいという人には、特にお勧めです。
ただし、「医療機関でしか扱うことが出来ない」ので、それだけ扱いに注意が必要な機器だということを理解しなければいけません。
効果がある分、お肌に受けるダメージにも個人差があり、人によってはその効果が強力過ぎて肌トラブルが起きる危険性もあるので、「医療機関で正しく使用する」という重要な意味もあります。

 

また、「レーザー脱毛」という施術方法は、基本的にはクリニック以外では行うことが出来ません。
「毛乳頭や皮脂腺開口部を破壊する」ことを脱毛の定義とし、平成12年11月16日、厚生労働省より「レーザー脱毛は医療行為である」という発表もされたほどです。

 

一方、エステサロンに導入されている脱毛機器は、「光」や「フラッシュ」と呼ばれる脱毛方法を取り扱って脱毛施術を行っているのが一般的です。
非医療機関で導入されているということは、「マシンの安全性が高い」という証明でもあります。
医療機関で扱っている機器と比較すると、サロン脱毛で得られるその効果は、やはり弱く感じるのではないでしょうか。
ですが、お肌がデリケートな人には、エステサロンでの脱毛の方がお肌に与えるダメージが少ないので、効果が出やすいこともあります。
また、多くのエステサロンは、医療機関と提携し、アフターフォローなどサポートもしています。

 

エステ脱毛とクリニック脱毛の違い<安全性>

マシンの場合、医療機関以外で使用が出来るエステの方が、安全性が高いといえます。
ですが、施術体制での安全性の面では、医師の監督の下で施術が行われる医療クリニックの方が高いといえます。

 

とは言っても、施術をするエステティシャンや看護師が、マシンを「正しく使用・正しい施術」を行うことが必須条件。
いくら医師がいても、資格を持ったエステティシャンが施術しても、それらを厳守していなければ、ただの危険行為なのです。